ブームでペットを飼わないで!〜ひまわりからのお願い



CMでかわいいチワワが大人気!巷ではチワワ大ブーム!
「動物のお医者さん」がドラマ化!またハスキーブーム再来?
ゴールデンやラブは大人しくて頭がいいしみたいでみんなが飼ってるから・・・

 流行やブームに流されそうになってペットを飼おうとしているあなた・・・
 ちょっと待って!

 ★あなたは飼おうと思っている犬(ペット)のことをちゃんと知っていますか?

 ★その犬(ペット)のことを書いてる本を1冊でも読んでみましたか?

 ★その犬(ペット)は大人になったらどのくらいの大きさになるか知っていますか?

 ★その犬(ペット)の習性や生態をどのくらい言えますか?

 ★しつけや行動学の本も読んでみましたか?

 ★もし問題行動をおこしたり、病気になったらどうしますか?
  ちゃんと相談先を探したり、病院につれていけますか?
  お金も時間もかかります。ちゃんと面倒みる時間がありますか?

 ★犬(ペット)を置いて、今までみたいに簡単に旅行に行けなくなりますよ。

 ★毎日、早く帰ってお散歩や体の手入れ、スキンシップ、ごはんのお世話・・・
  それがペットが亡くなるまで10数年間・・・休むことなくちゃんとできますか?

 ★家族が反対していませんか?犬(ペット)嫌いな人はいませんか?

 ★家族にアレルギーの人はいませんか?自分はどうですか?

 ★引越しや転勤はありませんか?自宅?借家?ペットは禁じられていませんか?

 ペットは生きています。生きている限り最後までお世話をするのが飼い主の責任。その重い責任を10数年守ってあげることができますか?

 もういらない・・と捨てたり、引き取りにだしてしまうことは、人間の赤ちゃんを捨てるのと同じくらいひどい事だと思います。
 犬の知能は人間の2〜3歳あるといわれています。怖い事も哀しい事も嬉しい事もみんな理解できます。そんな小さな子供をを置き去りにしたり、命を処分する為に引き取りに出すということなのです。

 実は、ブームに流されて犬(ペット)を飼って、こんな筈じゃなかったのに・・と手放すケースがとても多いのです。
 では、どうしてなんでしょう?

                       
 ちょっと前にハスキーブームが起こり、みんながハスキーを飼いたがりました。あのカッコ良さにみんなメロメロ・・・
 いっせいにハスキーがブリーディングされ、ペットショップなどで高額で取りひきされた時期がありました。

 最初はこんなに小さくてかわいかったけど・・・
 あっという間にこんなに大きくなっちゃった!しかもハスキーはソリ犬!ものすごい運動量が必要な犬種。力も強くて引きずられてしまいます。こんな大変なお散歩が毎日続くなんてお手上げ・・・・という人も・・・

<その結果>
 
 厄介者となったハスキーが大量に保健所に引き取りにだされ、処分されて命を失ってしまいました。 山などに置き去りに捨てられたハスキーもたくさんいました。

 「動物のお医者さん」のドラマ化でまたハスキー犬ブームが再来して、このような悲劇が起こらないようにしなくてはなりません。
(動物のお医者さんを非難しているわけではありません。ご了承ください。)

 
 一時期、大ブームだった大型犬。ゴールデン・ラブラドールは今でも人気犬種です。今では、バーニーズも人気。
 ですが・・・人気犬種が販売目的の無計画なブリーティングのせいで股関節形成不全(HD)という遺伝疾患にかかり問題となっています。
 
 私(るんば)のかつての愛犬ノエルもその疾患におおいに悩まされ、将来苦痛のために歩行もできなくなるかも・・と覚悟した日もありました。
 
 最初はシェパードに多く見られた病気で、外国では1960年代から問題視されていた疾患ででした。しかし、人気があれば売ればいいという日本の遅れた考えで、どんどん無計画な繁殖が行われました。欧米では比較的早い時期に対処されたのに対し、日本ではほとんどチェックが行われないまま、現在に至ってしまいました。
 その結果、犬種によっては50%以上の犬がHDにかかっているという現実を迎えるようになってしまいました。

股関節形成不全については・・・

 
 また、大型犬種は小さい頃からお利口だと思ったら大間違い!みんな最初は何も分からずにやんちゃぼうずです。
 噛んだらいけないものもわかりません。なんでもおもちゃに見えて壊してしまいます。感電やお腹に異物がつまるという事故が起こったり・・・人間の赤ちゃんと一緒です!
 人間の子供と同じように、大人が愛情を持ってゆっくりしつけをしてあげねばなりません。いけない事は無視、いい事をしたらうんと誉めてあげて、いい行動を伸ばすようにします。
 
 体罰はもってのほか!です。日本古来の叩いて叱って押さえる間違ったしつけ方法がかえって問題犬を生んでしまうこともあります。犬は信頼すべき人間の手を恐れ、信頼できなくなり、いつもびくびくていたり、吠えたり、身を守る為に追い詰められて噛む犬になってしまう可能性があります。
 
 本来,無邪気な飛びつきも小さな犬なら大丈夫でも、大きな犬だと転倒を起こして怪我をしてしまったり、問題となりかねません。
 飼い主自身が犬の習性を理解した正しいしつけができなければなりません。

犬のしつけや暮らし方の情報満載のHP
股関節形成不全についてのページもあります。

WAN’s TAIL

今、一番人気犬種であるチワワ。
その小ささとキュートさで大人気です。

 でも、その陰で遺伝疾患を無視した無計画なブリーティング。高額な売買。売れ残った子達は・・・?強制的に出産を続けさせられ若く老いてゆくお母さんの行く末は?
(もちろん、ちゃんとしたブリーダーさんもいるはずでずですが・・)

 そうした悲劇がチワワにもおこるのではないか?
 とても心配です。

                       

 年間約42万匹の犬猫が不用ということで保健所などで殺処分されています。その犬猫の中には、ブームから飽きられた純血種も少なくありません。

                        
引き取りに出される中には、こんなにかわいい子犬もいます。避妊去勢をせずに、安易に生まれてしまって、いらないから・・という無責任な理由で・・

運のいい子犬は子犬を譲る会で新しい家庭に引き取られますが・・・
大きくなったらただの雑種だった・・とちゃんとしつけもしてもらえないで、不用犬として捨てられたり、引き取りに出されたり・・・そんな命があとを絶ちません。

 新しい犬に買い替えたから・・と簡単に引き取りに出される犬もいます。成犬を引き取りにだして、子犬をもらって行く人さえいます。
純血種だろうが雑種だろうが、同じ犬、同じ命には変わりはないのに・・・

そういう犠牲を強いているのは、ブームに流されやすい自称犬(ペット)好きの人達なのです。
*このページのイラスト・画像は素材集わんコレから参考の為使わせていただきました。写真の犬と文章とは実際には関係はありません。ご了承ください。

 こうした人達の犠牲になっている犬たちの現状です。

★参考サイト・ページ

死をまつ犬たち〜四国新聞社に載せられた記事です。

死をまつ犬たち2〜記事を読んだ方々反響や命を救う取り組みについて書かれています。


 仕事で犬猫たちを処分しなければならない職員さんたちの無念さを考えてみてください。職員さんたちは悪くありません。捨てる人間の為に処分される犬猫に税金もかかっています。とても無念だと思いませんか?1頭でも処分される頭数が減って欲しいのはみんな同じなのです。
 犬の適性飼養のために頑張っている行政の皆さんは沢山います。
 その思いや犠牲になった犬猫たちの命を決して無駄にはしていけないと思うのです。


 
犬(ペット)は家族の一員です。流行に左右されるおもちゃではないのです。

 もしあなたが愛情をいっぱいかけて犬をそだててあげれば、犬はその何倍もの愛情をあなたに返してくれるでしょう。
 その存在に純血種でかっこいいから、雑種だからカッコ悪いという差はないと思います。

 あなたは、自分のファッションやアクセサリーとして犬(ペット)を欲しいと思っていませんか?
 もう一度、命の重さと責任を考えてみてください。
 そして、決して安易にブームに流されて命を飼おうと思わないで欲しいのです。

                       ひまわり管理人 るんば


 このページをリンクしていただける方はメールでご連絡をお願いいたします。
 リンクの際は下記のバナーをお使いください。リンク先はバナーの下のURLにお願いいたします。(ホットリンクはご遠慮ください。お持ち帰りの上ご利用をお願いします。)





ブームでペットを飼わないで!のリンク先
(http://runba.fc2web.com/page/boom1.html )

関連ページ・リンク

ペットと暮らそうと思っているあなたへ

いぬのしあわせ ひとのしあわせ


All About Japanのペットを飼わないことのすすめへ




SEO [PR]  再就職支援 わけあり商品 黒豆 無料レンタルサーバー